激闘!石と鉄の番人たち

スポンサーリンク

今週の激闘が始まりましたね

石と鉄の番人たち

出現モンスターはどの難易度も

赤熱の魔人像

強だいまじん

デュランダル

メギドロイド

の4匹です

上級はマホカンタもアタックカンタもないのでいつも通りギガントネイルや範囲体技やプチマダンテを連発していれば相手の行動前に倒しきることができます

超級はつねにアタックカンタがいるのでギガントネイルは使えません

ですがプチマダンテは使えるので範囲体技とプチマダンテで攻めましょう

敵がバイシオンやスクルトを使うのでパーティーに1人はスーパーレーザーが欲しいです

どの難易度もデスファイアやジャイアントプレス、ゴッドプレスなど様々や範囲攻撃くるので居場所に困るので素直に摘まみましょう

色んな所に敵の攻撃を表す赤い円などがあちこちに出ますが冷静に回避していきましょう

マシン系も2匹いるので通常攻撃が最後尾の味方に飛んできます

なので耐久力のないモンスターを使う方は前壁と後ろ壁の間に入りましょう

またデュランダルが一発逆転からの自爆もあるので一発逆転を発動したら早く倒しきりましょう

超級でも結構忙しなく動くはめになりますがプチマダンテが複数いればゴリ押しで案外簡単に倒してしまうこともできます

超級までしっかりクリアしてタマゴロンミニゴロンのとりこぼしがないよう気を付けて下さい

 

そして獄級

敵のパーティー構成は上級、超級と同じです

獄級からは常にアタックカンタに加え常にマホカンタもありますので攻撃魔法の使用を厳しいです

常にマホカンタがある強だいまじん以外に単体魔法を使うことはできますがそれでは火力不足になってしまうので攻撃魔法を使うのはやめましょう

まず気を付けることは先程も言いましたが強だいまじんに常にマホカンタがあります

そして赤熱の魔神像に常にアタックカンタがあります

メギドロイドが超デスファイアを使ってきます

超デスファイアの赤い円の範囲外に行けば摘まみをやめても大丈夫ですが赤い円の範囲内にいると摘まんでいても超攻撃なのでダメージを食らってしまうので気を付けて下さい

デュランダルが超いてつくはどうを使ってきます

超いてつくはどうや最後の自爆を阻止のためにキャンセルショットを持ち込んでもいいですが大剣豪の火力となるギガントネイルは赤熱の魔神像の常にアタックカンタにより使用できないのでこれもまた火力不足になってしまいます

スポンサーリンク

そして石像達が先制攻撃もしてきますしバイシオンやスクルトも使ってきます

ただでさえ火力が高い獄級モンスター達なのでバイシオン状態を放置は絶対やめましょう

マシン達は遠隔攻撃で最後尾のモンスターへ通常攻撃が飛んできます

獄級なので当たり前ですが厄介な事だらけです

ではどんなパーティーで行きましょう?

自分の理想は

ランドインパクト+ホーントレイン持ち1匹

スーパーレーザー1匹

回避壁1匹

サブ回避壁キャンセルショット持ち1匹

 

先制攻撃がくるので回避壁が1匹では間に合わない場合もあるしマシン達の遠隔攻撃もあるので最初に行動ゲージが先にたまった回避壁でしのいでその後回避壁で前後に別れます

これをするとアタッカーが2匹になってしまうのでその上超いてつくはどうなんかは食らってしまうと火力不足の上立て直しに時間がかかってしまうのでサブの回避壁さんにはキャンセルショットをもっている方を推薦します

ランドインパクトを普通に使うと一度の攻撃で皆を巻き込む事ができないのでホーントレインで石像のどちらかの位置を中央付近にずらしてやればそいつをターゲットにすればランドインパクトで毎回皆を巻き込めるのでとても便利です

その方はその後常にランドインパクトを連発し敵の素早さを常に二段階下げをキープしましょう

スーパーレーザーの方は基本スーパーをしバイキがきれる前にバイシオンをしましょう

ランドインパクトで敵の素早さが二段階下がってしまえば回避壁さんも手が空いてくるのでそしたらナイトフィーバーで味方のテンションを上げるなどし火力に貢献しましょう

もう一人の回避壁さんも手が空いてきたらキャンセルショットで敵を止めましょう

ですが無理して肝心の超いてつくはどうを止めれなかったなんてならないよう気を付けましょう

これでも火力は十分ではありませんが回避壁が二人いればその分安定できます回避壁さんがキャンセルショットをしたり手が空いた時にナイトフィーバーをすれば火力の足しになると思います

これは僕の周りで協力をお願いできるメンバーさんがその役割をできるモンスターを持っているからできる理想なので皆さんの周りにその役ができる人がいるとは限りませんので参考程度にしかなりませんが役割をしっかり分担して協力して頑張って下さい

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です